上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飼い猫:「ケビン」 ♂ 年齢不詳(多分4~5歳かな?)去勢手術済み。

飼い主:私「トン子」 旦那様「トン吉」

このブログの主人公となる「ケビン」 
けびん3

まずは、ケビンとの出会いから・・・

今年の8月の中旬、暑い日の夕方 家の近所の道路で寝ていた
大抵の野良にゃんこは、寄って行くと逃げるのだが・・・

ケビンは、声を掛けたら「ニャ~ア♪」と言って寄ってきて
スリスリしてきました。「おや?飼い猫?」
と思いながらナデナデして帰ろうとしたら付いてきました。

家の玄関前まで来て、私を見上げて「ニャ~ア♪」と鳴いて・・・
玄関を開けても中までは、さすがに入ってきませんでした。

一旦玄関を締めて、5分後位に玄関を開けたらまだ
玄関前に座って、こちらを見て「ニャ~ア♪」と鳴いてます。

そんな毎日が2週間位続いたある日・・・
ニャー♪という声がするので庭を見ると・・・
けびん4

ケビンが窓のすぐ側にいて、私の顔を見ると
網戸をガリガリして開けようとしました。
けびん1

その後も、朝方など来て網戸をガリガリ
ある時は、5cm位網戸が開いていて音で目が覚めた
私の旦那様「トン吉」君がビックリして網戸を締めました。

ケビン君、とっても愛想の良い子で、近所の人や学生さんなどが
みんなナデナデしていましたが、付いて行ってる気配が無く
何故か私の時は玄関まで付いてきます。

そんな生活が1カ月過ぎたある日・・・
わが町を台風がかすめて行く日があり
ちょうど1泊で出かけていて、トン吉と

「ニャンコはどこかに避難してるのかな?」
などと話していて、夜遅くに車で家に帰ると・・・
向こうからテクテクと歩いてくる物体が!

「ニャ~ア♪」と言って私の足にスリスリ。あ!ニャンコ無事だった。
と思って見ていたら玄関の前にちょこんと座って私達の事を見ていました。

その次の日からは、玄関を開けようとすると私より先に家の中に入るように。
えー野良ってこんな安易に入ったりするの?と驚くばかり!

小さい頃にしか猫を飼った事がない私と猫を飼った事が無く苦手なトン吉さんは
意を決して「ここまで懐いてくれるのも何か縁!飼ってあげましょう。」
という事になり、現在共同生活2週間ですが、だいぶ慣れたみたいで

けびん2


元気に我が家で過ごしています。
猫苦手なトン吉さんもだいぶケビンに慣れたようで
遊び道具や餌などは自分で時間をかけて吟味されているようです。

↓ケビン頑張れ!の応援1クリックお願いします♪
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kevin341101.blog.fc2.com/tb.php/1-4e7102e5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。